おうちで作る極上中華 〜昆明暮らし〜

中国 昆明 2人暮らし。日本語教師だったり、中国企業で働いてみたり、留学生だったり、、、、

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | TOP戻るんか?
昆明の床屋
日本でもいつも思っていたのだけど、床屋と美容院って自分の考える必要以上に沢山あるように思える。と言っても、みんなちゃんとやっていけてるんだから、供給に合うだけの床屋と美容院があるんだろうけど。

昆明のトコヤ、美容院もとても多い。至るところにある。結構何店舗も隣り合わせで競合してる。値段も様々。大体5元(75円)から200元(3,000円)くらいまで。
この辺のヒトにとって、100元は1万円くらいの価値があるから、200元のトコヤってすごく高い。半年くらい滞在する留学生は、あんまりここでは切りたがらないか、昆明の中心街にある韓国系の美容院に髪を切りにいってるみたい。でも折角なので?5元のトコヤへ。

5元でマッサージ、洗髪、カット、ドライヤー、そして最後にもう一回洗髪してくれる。
ちなみに、マッサージは本場だけあって、本格的。20分くらいやってくれるので、下手なマッサージ屋さんより安くてよい。

でも、やっぱり5元では元が取れないのか、10元の同じサービスや、20元の同じサービスを薦めてくる。何が違うのか聞いたら、「使ってるシャンプーが違う」って。5元のシャンプーは大丈夫だろうか??

んで、いざ髪を切り始めようとすると、「キミはパーマをかけるとよい」「絶対、頭を染めるべきだ」とお勧め攻勢が始まる。興味があったので「染めるのはいくらくらい?」と聞いたら、これも染め液と髪の長さによって値段が違う。
ちなみに、その散髪5元の店では、
男性の髪の長さで、一番安いのは40元(600円)、70元、120元(1,800円)と続く。
あとから、友達に聞いたら、一番安い40元くらいで髪を染めたあと、髪を引っ張ると「ブチブチ」とちぎれるようになったそうな。。「なので最低でも70元のを試したほうがよい」と言われ、今回は70元で染めることに。

「お客さんには、赤が似合う」と美容師さんが勧めてきたので、「いや、もっと自然な感じの色にしたい」と伝えたら、
「じゃぁ、この色かな?」と紫色を指してる。

どこが、自然な色だ!!!


ちなみに、在庫が余ってるのか、どこのトコヤでも同じような色をお勧めとして勧めてくる。街を歩いてる中国人にそんな色の髪の毛のヒトはほとんどいないのに・・・・


ちなみに、その時一緒にトコヤに行った中国人の友達(女)は赤にしてた。何色にしようか迷ってると、ヒマそうな3、4人の美容師と助手の女の子がやってきて、客の椅子の周りで、「お前にはこの色が似合う」「この髪質にはこの色だ!」など赤か紫を勧めてく。なので、悩んでるうちに赤か紫になってしまう。

まるで、悪徳商法のよう・・・


ちなみに、最後の髪のセットで、桃太郎の前髪というか、めがね橋みたいな前髪にされて、ちょっと泣きたい気分で帰宅した。
でも、個人的には技術はまぁまぁ?5元だとおもえば、スバラシー!
| vsチャイナ★トコ屋 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP戻るんか?
スポンサーサイト
| - | 09:28 | - | - | TOP戻るんか?









http://chuka.jugem.jp/trackback/24
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+RECOMMEND
日本語の教え方ABC―「どうやって教える?」にお答えします
日本語の教え方ABC―「どうやって教える?」にお答えします (JUGEMレビュー »)
寺田 和子, 山形 美保子, 三上 京子, 和栗 雅子
プー太の日本語の神様。プー太の同僚も使ってます。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ