おうちで作る極上中華 〜昆明暮らし〜

中国 昆明 2人暮らし。日本語教師だったり、中国企業で働いてみたり、留学生だったり、、、、

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | TOP戻るんか?
貴州旅行その6 すっぱい軍団
それで、今回の旅の最後に「桂林」に行こうと寝台バスに乗ったところ、自分たち以外の90%が「すっぱい軍団」だった。中国人の中には靴下を洗わずに2〜3日履き続ける人がいるため、みんな「つーん!」とした臭いがしてる。しかし、すっぱい軍団のそのすっぱさといったら、沖縄名産の「スッパマン」だっけ?は言うに及ばず、酢だこなども軽く凌駕する激臭!

すっぱい軍団の見た目は50〜60代のおじさん。全員大きなセメント袋みたいなものをもってる。多分、出稼ぎの帰りとかなのかな?本当はすっぱいとか言っちゃいけないのかもしれないけど、

すっぱい!

すっぱい軍団がバスに乗ってきた時点で、ぷわーん と香るすっぱさ。
寝台なので、全員が靴を脱いで横になった瞬間!さっきの ぷわーん は どよよーん くらいの勢いで身体の周りにまとわりついてくる。。。。臭いにどよよーんもないだろうが、そんな感じなのだからしょうがない。

一晩彼らと狭いバスで一緒か・・と思っていたら、運転手ッぽい上半身はだかのおじさんが、「お前たち、臭すぎ!その臭すぎる靴をビニールに入れてしばれ!」と言ってみんなにビニールを配り始めた。

みんな素直にビニールに靴をしまったおかげで、臭いも つん! 程度に緩和。

ほっ


本当にほっとした。


ちなみに、バスは朝の5時に桂林に到着。運転手が「みんな降りて」と言っても誰も降りる気配なし。運転手があきれて、バスターミナルから駐車場まで連れて行き、更に、「ここは冷房もないし、蚊もいる。でもターミナルの待合室は、涼しくて気持ちいいぞ〜!」とか、「お前らがここで寝てると仕事に差し支えるから降りろ!」とかアメとムチを使い分けてみるも、すっぱい軍団は完全無反応を決め込んだため、結局、バスの中でもう少し寝ることに。

ついでに寝かしてもらいました!


途中の街のタクシー。サイドカーに客が乗るタイプ。これは珍しい!


晩ごはん。広西に入ったので、味付けもややマイルドに。おいしい。
| 旅行というか大冒険! | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP戻るんか?
スポンサーサイト
| - | 11:27 | - | - | TOP戻るんか?









http://chuka.jugem.jp/trackback/11
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+RECOMMEND
日本語の教え方ABC―「どうやって教える?」にお答えします
日本語の教え方ABC―「どうやって教える?」にお答えします (JUGEMレビュー »)
寺田 和子, 山形 美保子, 三上 京子, 和栗 雅子
プー太の日本語の神様。プー太の同僚も使ってます。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ